にこてらす_大タイトル

就労継続支援B型事業[ 定員20名 ]

 

「働きたい」、「たくさん給料が欲しい」との思いを持つ方に働く場所を提供して、自分の持っている力を充分に発揮できるように支援する場です。

働くことで地域とのつながり、自立性を高める支援を目指しています。

主に就労を中心とした福祉サービスを提供

 (米、野菜づくり、牛ふん堆肥の袋づめ、企業の清掃作業 等)

  →  オリジナル商品

社会参加活動を取り入れ、社会のルールを身につける

月額 約 18,000〜50,000円

 ※月額平均 37,300円(平成30年度実績)

にこてらす_小タイトル

太陽のひかりの下、体を使った作業が中心です。

仕事を行う中で「やりがい」や「達成感」を感じて働いています。自分たちの作った作物や製品には自信をもっています。    

農作業風景

【 野菜づくり 】

 

自然と向き合い、収穫作業などを通してその成果を実感する作業です。

ここでの収穫物は焼肉のたれの材料として利用するなど、施設内での成果の循環も実現しています。

農作業風景

【 お米づくり 】

 

豊富な水と澄んだ空気という恵まれた環境の中で、地域の皆様の力をお借りしながら、稲作(品種「恋の予感」)に取り組んでいます。

1人1人の力が地域の中で発揮され様々な人とのつながりを大事にしながら作業に取り組んでいます。

農作業風景

【 アスパラガスづくり 】

 

良質なアスパラガスを収穫するため独自の農法で栽培しています。甘みが蓄積されたアスパラガスは利用者が丁寧に収穫。地域の店先などを通して皆様の食卓へお届けします。

りひとのあゆみ

  2019年(平成31年)4月 開設

  

施設名に込めた想い

  ドイツ語で「ひかり」という意味を持っています。

  1人ひとりのキラッと光る部分を活かした、楽しく働く場所の提供をします。