にこにこ会_大タイトル

就労継続支援A型事業[ 定員20名 ]

 

障がい者を雇用して就労の機会を提供する場です。

食品加工・縫製等の仕事を通して自分自身の価値を高めてみませんか?

主役は「あなた」です。

食品加工、縫製等の職業の提供(コロッケ・焼肉のたれ・手織り縫製)

 →  オリジナル商品

月額 約 110,000円

社会保険、雇用保険への加入

 ※広島県の最低賃金からの支給

〈 サポート体制 

  障がいの状況、個人の適性に応じた支援を行います

  作業の細分化を行い、わかりやすく説明します

  専門職員の指導により、必要な技術・能力を身につけることができます

   (利用希望の方はハローワーク、または、にこにこ福祉会までご相談ください)

にこにこ会_小タイトル

「分量の計測」や「均等に分ける」などの基本的な加工行程を通じて、規則正しい作業の習得をめざしています。また、ひとつひとつの完成度についてより高い成果を求める姿勢で、取り組んでいます。

 

 

焼肉のたれ製造作業風景

【 焼肉のたれの製造 】

 

材料の調理、加工、加熱作業から分量計測を行なったケース入れまで、すべての工程を経て、正確さの体得をめざしています。

コロッケ製造作業風景

【 コロッケ・ミンチカツの製造 】

 

じゃがいもを潰したり、ミンチをこねたり、パン粉をつけたり。

食品加工は衛生面など信頼性が求められるテーマですが、すべてを手作業で行なうことで、責任感の充実にもつながる取り組みとなっています。

さをり織制作風景

【 手織り(さをり)・縫製 】

 

色とりどりの糸を使って、小物や服、バッグなどを縫製します。実用レベルを意識した丁寧なつくりを心がけるとともに、独創性やアート性を養うプログラムでもあります。

にこにこ会のあゆみ

  1998年(平成10年)7月

  一般就労雇用形態の知的障がい福祉工場「にこにこ工場」を開設

  2007年(平成19年)4月

  就労継続支援A型/就労移行支援事業へ制度移行

  「にこにこ工場 → にこにこ会」へ改名

 

施設名に込めた想い

  いつもみんなが「にこにこ」としていたい。

  そんな願いを込めて名づけました。