にこてらす_大タイトル

生活介護事業[ 定員20名 ]

 

にこてらすでは、個人の状況にあわせ“働く”活動を中心に健康づくりや、いきがいづくりの場を提供しています。

プロの音楽家と一緒に舞台に立ち、演奏する経験や入賞を目指し美術展に出展するなど、自己表現の場も大切にしています。

体をしっかりつかって働き、その対価として工賃を支給

調理の体験、創作・音楽活動、社会参加、様々な体験の提供

送迎、昼食実施

 ※障がい程度区分3・4・5・6の受給者証を

  お持ちの方のみが利用できます

労働の対価として工賃を支給

 ※工賃額は当施設評価基準に基づき支給

にこてらす_小タイトル

個々の能力や素質に合わせた、様々な活動から得られる体験によって、1人ひとりに添った成長、そして自立を目指しています。

堆肥の袋詰め作業風景

【 堆肥の袋詰め 】

 

堆肥を小売り販売用に袋詰めする作業です。作業規模が大きいため、詰める人、計る人、運搬する人と、チームワークも養う目的も兼ねています。

堆肥の袋詰め作業風景

【 音楽活動 】

 

堆肥の袋詰め作業風景

【 創作活動 】

 

にこてらすのあゆみ

  2002年(平成14年)3月

  知的障がい者通所授産

  2012年(平成24年)4月

  就労継続支援B型/生活介護事業へ制度移行

  「にこにこ会作業所 → にこてらす」へ改名

  2019年(平成31年)4月

  「生活介護事業 10名 → 20名」へ定員変更

 

施設名に込めた想い

  にこにこ福祉会に携わる全ての方の人生が、

  照らされたものであって欲しいとの想いで名づけました。